DMC's Player

  • メディアプランニング
  • 、新聞
  • 、雑誌
  • 、メディア・プランナー

よりよいメディアプランニングを目指して。

メディアプランニング

メディア・プランナー / 小栗 沙紀

メディアビジネス部は、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌の4マス媒体とOOH(屋外にあるすべての媒体)のメディアバイイング業務やプランニング業務をする部署です。その中で私は紙媒体といわれる新聞・雑誌をメインで担当しています。

業務では、クライアントの持つ課題を解決していく為、どういった媒体でどのような提案が適切かを考え、媒体社に通いコミュニケーションを取りながら、自分の担当している媒体の特性を学び、関係を築きながら日々情報交換をしています。

どの仕事でも関係を築いていくことは大切ですが、基本的に間に入る代理店という立場の仕事は1番といってもいいほど良好な関係作りが大切です。そのため配属時は、少しでも早く顔と名前を覚えてもらうために担当している媒体社に毎日のように通いました。

営業と媒体社の間に入り、広告枠の調節をするだけではなく、時には媒体社の方から企画やイベントのプロモートを受け、社内でその企画やイベントに合うクライアントを探し営業へ提案するなど、クライアントはもちろん媒体社の力にもなれるように努めています。

昨年からメディアビジネス部にマス媒体だけでなくOOHも加わったことにより、今まで以上にクライアントの求めるターゲットに合うメディアプランニングが出来るようになりました。
それだけではなく、他の媒体で動きが出てきたクライアントを追い担当媒体を提案することで実績のなかった出稿を狙うチャンスも増えました。

現在、様々な新しいメディアが出てきてマス媒体が今までのように売れなくなってきてしまっているという話を耳にしますが、歴史の深い媒体社の持つ良さと現在の新しいメディアを組み合わせることで広告の可能性は広がっていくはずなので、今よりもっと自身の担当している媒体と新しい媒体に対しての理解を深め、よりよいメディアプランニングが出来る力をつけていきたいと思います。そして、クライアント・消費者に喜ばれるアイデアを生み出していきたいです。

空白区切り


プロフィール

2018年入社。メディアビジネス部所属。メディア・プランナーとして新聞・雑誌をメインに担当。


案件のご相談に関しましては、下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ