• DMCの社員を知る
  • 営業局 谷 もも子

営業としてどんな時も
クライアントと向き合い、
先頭に立って仕事を進める。

営業局

谷 もも子

2016年入社

営業としてどんな時もクライアントと向き合い、先頭に立って仕事を進める。

DMCは、ワクワクし続けられる会社。

ひとつのことにずっと向き合うよりも、多くの人と出会い、いろいろなことに挑戦できる仕事に就きたいと考えて広告業界を志望した私。OB訪問で複数の先輩社員とお話しする機会を得られたことで、DMCには生まれ育った地元・名古屋のクライアントが多いことや仕事を通じてワクワクできる環境が整っていることを知りました。入社後はメディアビジネス部で2年半ほどテレビを担当し、営業局に異動して1年ほどになります。総合広告会社の仕事は、部門や担当するクライアントによって内容が大きく異なります。私も営業局に異動した当初は別の会社に入ったような気持ちになりましたが、その環境の変化もワクワクできる要素のひとつとして楽しんでいます。

課題解決を全力でサポートする。

営業局のミッションは、クライアントの課題と向き合い、広告や新しい仕事を生み出すことで解決すること。担当する業種はさまざまですが、クライアントが抱く課題や発信したいことに対して、アイデアを出したり、各方面との調整を通じてより素敵なモノができるよう全力でサポートするのが営業の仕事です。常にクライアントと向き合い、先頭に立ってプロジェクトを進めていけるのがこの仕事の醍醐味です。また、決まったモノを販売する仕事ではなく正解はないため課題を見つける力がないと成り立ちませんし、扱う中身や人に合わせて想いをくみとり考え続けることが必要です。そこが難しさであり、やりがいでもあります。

喜びの声が、仕事への自信につながる。

営業として特に印象深かった仕事が、担当する映画配給会社の新作プロモーションのプロジェクトでした。作品を事前に鑑賞し、訴求ポイントやプロモーションを行うターゲットの選定をゼロから行いました。ターゲットにリーチするためのメディアの検討や試写会の段取りなど、さまざまな業務を同時進行で管理。できるかぎり多くのメディアに声をかけて効果的に露出を行うなど工夫を重ねることで期待に応えることができました。クライアントの担当の方からは「こんなにたくさんのメディアを集めていただいたのは初めてです!」と喜びの言葉をいただき、私にとっても仕事への自信につながるターニングポイントとなりました。

「やらかそう。」

安心できる仲間がいるから

失敗しても、うまくいかなくても、疲れてしまっても、
温かく見守ってくれる仲間がいるから
また、前を向ける!ガンガンいける!
自分の気持ちに素直に行動してやろう!

~Message~

就活生のみなさんへ

就職活動では「数年後のなりたい自分」についてたくさん考えることが大切だと私は思います。それは仕事内容だけでなく、続けていきたい趣味でも、住みたい場所でも、勉強してみたい分野でもいいと思います。また、やりたいことだけでなく、やりたくないことを整理するのも大切。「自分はどんな人生が理想なのか…?」という問いに対して向き合い続ければ、自分に合う会社が自然と見つかる気がします。限られた期間で多くの仕事について知ることができ、社会人と話ができる就職活動はとても貴重なチャンスです。就職活動を通して人生の視野が広がることを祈っています!

※本インタビューは2019年11月の情報を元に制作されています。

他のインタビューを見る